出典:イラストAC

車買取後の契約後に査定価格が減額される、という事は正直あります。

一度決まった査定額を後から下げる事を「再査定」と言います。

では、この再査定がされてしまったらどうすれば良いのかを紹介しますね。

再査定されたらどうする?

再査定がされた時、売ろうとしていた車が何かしらの事故などで傷がついてしまい、修復をした事を査定時に黙っていたら売ろうとした私たちに責任があります。

しかし、そういった事以外での減額がされてしまった場合は、大体は業者の責任になります。

査定の際は、必ず査定のプロが目で見て価格を出してくれるのが当たり前です。

そして、その上で契約をしているので、明らかに買取業者側の責任になります。

また、再査定で減額されてしまった時、キャンセルをしようとすると高額なキャンセル料を請求されてしまう、といった事もなくはないのです。

ではどうすれば良いのかと言うと、まずは以下の方法を試してみましょう。

・瑕疵担保責任の対象になるのかどうかを確認してみる
・何が理由で減額されるのか、その理由をハッキリさせてみる
・契約自体をキャンセル料を支払わずに解除してしまう

上記の方法で対応をしてくれるのかを確認してみましょう。

どれにも応じてくれなかったら

上記のどれにも応じてくれない場合は、国民生活センターに相談してみる事をおすすめします。

業者が話に応じてくれないなら「弁護士を立ててしっかりと相談する」という意思を伝えましょう。

裁判になってしまうと、業者側の都合で減額をしている場合不利になるので話し合いがスムーズに進む可能性がとても高いです。

再査定をされてしまったら是非試してみましょう。