出典:フォトAC

車を売る時、高く売る方法を調べるのも重要ですが、知っておきたい事もいくつかあります。

知っているのと知らないのは、後々車を売るってなった時の情報量が違ってくるので、損をしづらくなります。

車の相場を把握しておく

車を売るのにまず知っておきたいのは、車の相場を確認する事です。

車の買取相場は車種、年式、走行距離、ボディカラーなどの情報を基に、今のおおよその査定価格を出してくれるサービスです。

車の査定相場は、通常の査定よりも安い価格を提示してくれるので、売る時の目安になります。

つまり、出してもらった相場よりも安い買取価格を提示してきた業者に対しては交渉をすればいいですし、値段をどうしても変えてくれない業者とは取引をしなければいいのです。

一括査定と下取りの違い

どのサイトを見ても下取りはダメ!必ず一括査定にするようにしてくださいって書かれていると思います。

そもそも一括査定は、買取専門の業者とのやり取りになります。買取専門の業者は新車等を売るのが目的ではなく、買取をして在庫を確保するのが目的です。

なので、多少高くても買取をしたいと思っています。なので、ギリギリまで買取価格を吊り上げてくれる可能性が高いです。

対して下取りは、車を買取ることが目的ではなく、新車を売ることが目的です。

なので、買取に対しては力を入れていないのです。なので、あまり高い価格を提示してくれません。

その為、一括査定の方が損せず売ることができる、というわけです。

売却に対して必要な書類を用意する

車を売るのには必ず必要な書類があります。

・車検証

・印鑑登録証明書(普通乗用車の場合)

・自賠責保険証

・軽自動車納税書(軽自動車の場合限定)

・実印(印鑑)※軽自動車の場合は認印でもOK

・振込口座情報

・リサイクル券

上記のようなものが必要になるので、必ず用意しておいてください。