奥が深いですねFXは

msu
2018年7月25日

為替が上がるか下がるかを予測できればFXはできます。そして為替レートが上がるか下がるかは、実際にはどちらもありです。ですからFXトレードの勝率は50%と言えます。

ですから2回に1回は誰にも勝てるチャンスがあるのです。でもなぜか多くのFXとレーザーは、利益を確保できてないのです。50%の勝率があるので、やりかたを変えればなんとかなると思いませんか。勝てる時もあるわけですから負けるときの損金を如何に抑えられるかです。

要はトータルでプラスになれば良いのです。損金を抑えるには損きりですが、如何に上手になるかです。さらに勝てる時は50%はあるので、勝っているときに如何に利益を膨らませるかです。でもそこがFXの難しさで実際のところ奥が深いのです。

話は全然変わりますが、トランプ大統領っていつか中国かEUに、何らかの形で酷い目にあうんじゃないかって気がします。

気のせいでしょうか?

欧州時間にはいると、ドル円は小幅の動きとなり112円半ばあたりを推移していました。しかし欧州中盤に入ると、「トランプ大統領は対中輸入関税は5000億ドルまで行く用意がある」と報道。

さらに終盤になると「中国やEUは自国通貨を操作した」「強いドルはアメリカの競争優位を剥奪する」と発言。おかげでドルが売られる形となり、ドル円は111円台へと突入しました。

一方ユーロドルはと言うと、1.16ドル半ばから1.17ドル台へと復活しました。 欧州時間の感想といえば、1つしかありません。「何してんの大統領」と。ともあれしばらくは、政治に振り回されそうです。

やっぱり為替は奥が深いですね。。。